プロフィール

ケロンボ

Author:ケロンボ
広島県在住の自営業。
50倍ズームのコンデジに出会い、
写真の魅力を再発見中。
音楽、旅行、「刑事コロンボ」が好き。

※当ブログはリンクフリーです
 ご自由にリンクをお張りください

※コンテンツの無断転用はご遠慮ください

最新記事
アマガエル写真集
人気記事の画像をアルバムにまとめました
クリックすると専用ページに移動します
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
人気ブログのランキングサイト
動物写真の人気ブログはこちらから

FC2Blog Ranking

当サイトも参加中です☆
QRコード
QR
当ブログへのお問い合わせ
画像や文章の転用・転載のご希望、 その他お問い合わせ、ご感想等が ございましたら、下記のメールフォームよりご連絡下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
サントリーウエルネスオンライン

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビタンのベランダ生活

10 29, 2014 | トビタン

tv1-1.jpg
「こんにちは! 僕、トビタンです。
 2週間ほど前から、このクチナシの鉢植えをねぐらにしています。
 たぶん去年生まれ、チャームポイントは長い指。
 趣味は、身の回りにあるものの色解析。
 効果的な擬態のための体色変化を日々研究しています」


いや、長い指って、そんなきっちり指を隠したポーズで言われても……

それに、やけに白くてテカテカした肌の色で、相変わらず目立ちまくりだよ。
トビタンの研究って、身を隠すのに役立ってるとは思えないんだけど―――


それはともかく、チビタンを最近見ないんだけど、どうしてるか知らない?



tv1-2.jpg
「あ、チビタンさんだったら、ここに連れてきてくれた2~3日後に、
『トビタン、ちょっと話があるんだけど……』って、深刻な様子で言ってきて―――」


えっ、ちょっと、何その色! 白い、白すぎる……

でも、たしかに指は長いかも? よくわからないけど。



tv1-3.jpg
「 『あっ、チビタンさん、いつもお世話になってます!
 いや~、ここって本当に落ち着きますね。
 こんな快適な寝床を気前よく譲ってくれるなんて、まるで神様みたいだ……尊敬しちゃうなあ。
 ―――ところで、お話って何ですか?』 って聞いたら、
『 べっ、別に…… ちょっと様子見に来ただけなんだからねっ!』って、行っちゃいました」


ああ、チビタン見栄っ張りだからな……
そう言われると、引き下がらざるをえないだろうね。

それにしても白いなあ、トビタン。 なんか裸っぽくて、目のやり場に困るというか。



tv1-4.jpg
「ああいうの、さりげない優しさって言うんでしょうね。 カッコイイなあ……」

うん、むしろ真逆だと思うけど、あえて否定はしない。
トビタンのためにも、チビタンのためにも、この美しい誤解を壊したくない…!



tv1-5.jpg
「それから何日か姿を見かけなくて、寂しかったんですけどね、
 ちょっと前に、また来てくれたんですよ。
『 トビタン、あいかわらず擬態がなってなくて、目立ちまくりだね。
 お手本を見せてあげるから、ちょっと交代しない?』 って言われて―――」


そうそう、チビタンが一日だけクチナシに復帰した日があったよね!
あの時、そんな手口を使ってたのか……



tv2-0.jpg
「それで、僕がこの『金のなる木』に移ったんですよ」

これは今年の春、オジタンの寝床にしてもらおうと思って、買ってきたんだよね。
オジタンはちょっと使っただけだから、トビタンがここで寝てくれて嬉しかったよ。



tv2-1.jpg
「 いい? まず基本のポーズはこう! 
 枝の二股になったところに尻を当てて安定させ、両手足で枝をしっかり挟み込む!」


「風呂の入り方」に続いて、チビタンの「クチナシでの正しい寝方」講座なんだね。



tv2-2.jpg
「ふむふむ……」

うわっ、トビタン、中指、長っ! それはホントに長いわ…… お見それしました。


tv2-3.jpg
「 次! ここで、体の色を枝の茶色に合わせるやつは素人!
上から覗かれたときに目立たないのは、実は葉っぱの緑色なんだよね。
いくら色が合ってても、枝に不自然なふくらみがあると、意外に目立つ。
あと、細かい色の調節は必要なくて、普通の緑で十分。
もともと葉っぱの緑に濃淡があるし、陰に入れば、色は自然に濃く見えるから」


めちゃくちゃ偉そうだけど、否定できない……

枝の茶色に合わせてるトビタンより、
葉っぱの緑に擬態してるチビタンの方が、断然見つけにくいからなあ。



tv2-4.jpg
「ほうほう…… 勉強になるなあ……」

あのね、トビタン、あんまり前に出てくると目立つから、その白い色は……



tv2-5.jpg
「それから、枝につかまってるときの鳴き方のポイント!
角度があるところで、うっかり喉をふくらませすぎると、後ろにひっくり返りそうになるからね。
あんまりエキサイトしないように、こう手を添えて、ソフトな感じで……」


いやいや、鳴きすぎてひっくり返るなんて、そんなのチビタンだけじゃないの?



tv2-6.jpg
「―――ということで、トビタン、どうかな?
『やっぱり自分がクチナシを寝床にするのは百年早かった!
 チビタンには全然かなわないや、もう降参!』……って思わなかった?」


うわあ、チビタン、また顔が黒くなって、悪だくみが透けて見えてるよ……



tv2-7.jpg
「はい! 僕のために、懇切丁寧に指導していただいて感激です!
さっそく明日からクチナシに戻って、チビタンさんに少しでも近づけるよう精進します!」


だから、天然純真なトビタンに、そういう手口は通用しないんだってば。



tv2-8.jpg
「ぐぬぬぬぬ… せ、せいぜい頑張るがいいわっ!」

……何だかんだ、結局譲ってしまうのは、チビタンの非情になりきれないところだねえ。



tv3-1.jpg
「―――ということがあって、僕も一段ランクアップした気がするんですよ。
お尻を安定させて、両手足で枝を挟んで、色を合わせて……こんな感じですかね?」


トビタン、色! 色!
『葉っぱの緑に合わせろ』って、そこがポイントだったんじゃないの?



―――トビタンの色オンチの修正は、来年に持ち越しになりそうです。



ご訪問ありがとうございます クリックして頂けると、励みになります!


コメント・ご感想はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!
 ※ 拍手コメント(公開)には、拍手ページのコメント表示欄にお返事させていただきます
スポンサーサイト

« もういくつ寝ると…… その後の三匹 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。