プロフィール

ケロンボ

Author:ケロンボ
広島県在住の自営業。
50倍ズームのコンデジに出会い、
写真の魅力を再発見中。
音楽、旅行、「刑事コロンボ」が好き。

※当ブログはリンクフリーです
 ご自由にリンクをお張りください

※コンテンツの無断転用はご遠慮ください

最新記事
アマガエル写真集
人気記事の画像をアルバムにまとめました
クリックすると専用ページに移動します
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
人気ブログのランキングサイト
動物写真の人気ブログはこちらから

FC2Blog Ranking

当サイトも参加中です☆
QRコード
QR
当ブログへのお問い合わせ
画像や文章の転用・転載のご希望、 その他お問い合わせ、ご感想等が ございましたら、下記のメールフォームよりご連絡下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
サントリーウエルネスオンライン

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジタン1 癒やし系オヤジのほほえみ

07 15, 2014 | オジタン

ojitan1.jpg
オジタンは、オバタン・チビタンコンビよりも1年おくれて、
昨年の夏からベランダに来るようになったアマガエルです。


たまに鳴くのと、チビタンにライバル視されている様子なので、
たぶんオス=行動が鈍くさくてオヤジっぽい=オジタンという、
恒例の(安易極まりない)ネーミングです。


こんなふうに皆さんにご紹介することになるのだったら、
彼らにもっとマシな名前を……と思っても、後の祭り。



ojitan2.jpg
オジタンの体長は、4センチ弱。

背中の模様は、ちょっと複雑な形ですね。
腰から下のタテ縞が、なんとなくスイカっぽいです。



ojitan3.jpg
葉っぱの上にいる時などは、背中の模様が消えて、
ただの緑色になっていることも多いのですが、
横腹に、不規則な形の丸が連なったような模様があるので、
見分けはけっこう簡単です。



ojitan4.jpg
これは昨年秋、モクレンの上のオジタン。

こうして見ると、1年でけっこう貫禄が出たのだなあと思います。



ojitan5.jpg
カエルはそれぞれ個性のある顔つきをしていますが、
オジタンの表情は特にユニークです。

野生の生き物が普通に持っている、
警戒心のようなものがほとんど感じられず、
いつ見ても、のんびりと優しく穏やかな目つきをしています。



ojitan6.jpg
ベランダに来るカエルたちには、風呂を用意するだけで、
触ったり、エサをやったりせず、適当な距離を保つようにしています。

オバタンやチビタンには、これ以上近寄ると、
緊張した様子を見せ始めるという距離があるのですが、
オジタンにはそれがなく、全くの無防備です。

「も、もうちょっと警戒したら…?」と、こっちが心配になってしまうほど。



ojitan7.jpg
モクレンの木の中で活動しているときも、
カメラに気づいているかのように、絶妙なポイントで目線をくれます。

ファインダー越しのカメラ目線から、
ほのぼのとした、親しみの気配が伝わってくる気がします。



ojitan8.jpg
口元の斑点の入り方で、よけいに柔和な表情に見えるんですね。

オジタンの顔を見ていると、自分もつられて笑顔になってしまいます。



動物写真の人気ブログが一覧できます!


コメント・ご意見はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!
スポンサーサイト

私は誰でしょう?

07 21, 2014 | オジタン

hideseek1.jpg
もぞもぞ……もぞもぞ……




hideseek2.jpg
……ちらり……


あれ、オジタン? 何してんの?




hideseek3.jpg
誰だか わかった?


うん、丸わかり。 
その間抜けなのんびりした顔つきは、オジタンで間違いない。




hideseek4.jpg
じゃあ 正解を発表するね!

……よっこいしょ


いや、発表しなくていいよ。
そのメタボなふくよかな腹も、オジタン以外の何物でもないし。




hideseek5.jpg
……どっこいしょ


あのー、人の話、聞いてます?




hideseek6.jpg
じゃーーん  オジタンでした! 


うん、だからね、最初からそう言って……




hideseek7.jpg
じゃあ またね!


なめとんかい、ほんまに。

オジタンに限らず、庭のアマガエルたちの行動は、サッパリ意味不明です。




ご訪問ありがとうございます クリックして頂けると、励みになります!


コメント・ご意見はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!

私は誰でしょう? 2

08 25, 2014 | オジタン

hideseek8.jpg
ちらり……ちらり……


今から1カ月前、7月のある日の一コマです。


モクレンの葉っぱの向こうから、こちらをうかがう大きな目。

―――何だか前にも見覚えがあるパターンですね。



hideseek9.jpg
誰だか わかった? ヒントはね……


オジタン、オジタン。

横から丸見えなんだけど。



hideseek10.jpg
あっ もしかして バレちゃった?


うん、気づくの遅いよ……

いや、むしろ早いのかな? オジタンの反応にしては。



hideseek11.jpg
……えっと……初めまして オジタンと申します


何なの、その他人行儀なあいさつは。

妙に白っぽい顔色で、時代劇のお公家さんのようなオジタンでした。



―――オジタン、今どこでどうしているのかな。 どうか元気でいますように。



ご訪問ありがとうございます クリックして頂けると、励みになります!


コメント・ご意見はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!

オジタンと白木蓮

09 20, 2014 | オジタン

kaerizaki1.jpg

うちのベランダの常連アマガエル、癒やし系オヤジのオジタン

ベランダやモクレンの木周辺に姿が見えなくなって、ちょうど1カ月がたちました。


最後に見かけたとき、かなり弱っている様子だったので、
正直、再会は難しいかな……と思いつつも、
居場所をかえて、どこかで元気にしているのではないかという期待は捨てていません。


これは7月初旬、モクレンの中にいるオジタンです。

今までアルバムのみに掲載していましたが、あらためて記事としてご紹介します。



kaerizaki2.jpg
「…………( くるり )」


オジタン、くるくる回って、どうしたの?

ベランダではのっそりしてるけど、モクレンの木の中じゃ、雑技団なみに身軽だね。



kaerizaki3.jpg
「……こっちから行こうかな?」


―――え? オジタン、どっか行くの?



kaerizaki4.jpg
「それとも、あっちから行くべきか……」


だから、どこに行くのか教えてよ。



kaerizaki5.jpg
「…………やっぱりやめた」


なんだ、やめたのか。 でも、その意味深な流し目が気になるなあ。



kaerizaki6.jpg
「……奥から行くのが近そうだよね?」


――って、やっぱりやめてないじゃん! いったいどこ行くんだよ?



kaerizaki7-1.jpg
「―――(ジャンプ!)」


おーい、オジタン、どこまで行くのー!?



kaerizaki7-2.jpg
「…………あ、見えた! あの白いの、何だろう?」


白いの? どれどれ。



kaerizaki8.jpg

―――ああ、これは、返り咲きのハクモクレンの花だね。



kaerizaki9-1.jpg
「モクレンの花…… 初めて見たよ。 きれいだなあ」


そうか、春の満開のときには、オジタンたちはまだ冬眠から目覚めてなかったんだね。


本来、ハクモクレンは春先(3月下旬)に開花するんだけど、
極たまに、夏に花を咲かせることがあるんだよ。
こういう時季外れの花のことを、返り咲き、狂い咲き、二度咲きなんて呼ぶみたい。



kaerizaki9-2.jpg

緑の葉につつまれて咲く、返り咲きの白木蓮は、まさに蓮の花のよう。

花だけが群がり咲く春先とは、またひと味違った風情がありますね。




ご訪問ありがとうございます クリックして頂けると、励みになります!


コメント・ご意見はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。