プロフィール

ケロンボ

Author:ケロンボ
広島県在住の自営業。
50倍ズームのコンデジに出会い、
写真の魅力を再発見中。
音楽、旅行、「刑事コロンボ」が好き。

※当ブログはリンクフリーです
 ご自由にリンクをお張りください

※コンテンツの無断転用はご遠慮ください

最新記事
アマガエル写真集
人気記事の画像をアルバムにまとめました
クリックすると専用ページに移動します
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
人気ブログのランキングサイト
動物写真の人気ブログはこちらから

FC2Blog Ranking

当サイトも参加中です☆
QRコード
QR
当ブログへのお問い合わせ
画像や文章の転用・転載のご希望、 その他お問い合わせ、ご感想等が ございましたら、下記のメールフォームよりご連絡下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
サントリーウエルネスオンライン

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰ですか? 2匹目

05 17, 2015 | ジロタン

150517-1.jpg

モグタン登場から数日後の夜。

ベランダのカエル風呂に、3匹のアマガエルの姿がありました。


深い風呂に2匹、浅い風呂に1匹。
3匹とも緑色の背中ということは、チビタントビタンモグタンではないかと思われます。



150517-2.jpg
「 ……………………………… 」


まず、深い風呂の1匹目はモグタンでした。

見た目が小柄なので、すぐに判別できますが、大きさがわかりにくい時は、
腰あたりの皮膚の小さな膨らみと、足の縞模様のパターンで見分けています。

昨年生まれと思われるモグタン、足の筋肉はかなり発達していますが、
指の短さやコンパクトな頭部に、まだ若さが残っているように見えます。



――――― ということは、一緒に入ってるのはチビタンかな?
このところ、モグタンの世話係みたいな感じだったから。
(関連記事:「 誰ですか? 1匹目 」)


150517-3.jpg
「 違います。 僕、トビタンです 」

トビタン!? なんでモグタンと風呂に入ってんの!?

「 ………… チビタンさんに 『 一緒に風呂入りませんか?』って聞いたら、
 『 何、風呂に行くの? ちょうど良かった、この子も連れてって! 』って…… 」


ははあ、そういうことか。 チビタン、トビタンに子守を押しつけたんだな……
――― あれっ? でも、浅い方に入ってるのはチビタンだよね?

「 違います」

えっ!? じゃあ、あれは誰!?




150517-4.jpg
「 ふ~~、このへんにしとくか。 水で腹がふくれたら、女の子にモテないもんな!」

こ、こんな背中の模様、見たことない…… 知らないカエルだ!


体長は優に3.5cmを越える、完全に成体の大きさのアマガエルです。
体つきはトビタンによく似ていますが、ほんの少し横幅があるように見えます。

体格だけなら、オバタンに次ぐ大きさといっても過言ではない、このカエル。
こんな大物、今までどこに潜んでいたんでしょうか?



150517-5.jpg
「 ――― あらよっと! ここがチビタンが言ってたクチナシか? 」

えーと、どこ行くのかな…… というか、君、いったいどこから来たの?



150517-6.jpg
「 彼の名前はトビジロウ。 僕の弟です」

――――― トビタンの弟!? 

「 団体行動に向かない性格なので、今までベランダに誘わなかったんですけど……
 このたび、チビタンさんが 『 いーじゃない、いーじゃない 』って、声かけちゃって 」


団体行動に向かないって、いったいどんな性格なんだよ……



150517-7.jpg
「 ………………( くるり ) 」

――――― 本当だ!! 顔がそっくりだ!!!


トビタンみたいなキリッとしたハンサム顔のアマガエルは、
めったにいないだろうと思っていましたが、
この大型新人は、目鼻立ちといい、体型といい、トビタンにそっくりです。

幸い、背中の雲形模様や、足の縞模様のパターンが全く違うので、
気をつければ、見間違えることもないでしょうが ……… いやはや、ビックリしました。



えーと、弟さんがトビジロウってことは、トビタンにも本名があるわけだよね?
それって、やっぱり ―――――


150517-8.jpg
「 トビタロウですが、何か?」

ですよねー。 トビイチロウじゃ今ひとつですもんねー。
とりあえず、弟さんのことは「 ジロタン 」って呼んでいいかな?

「 ………… どうぞご自由に 」


慣れない子守を強要されたからか、弟のことで何かあるのか、
チビタンと一緒に風呂に入れなかったからか、少々思案げな表情のトビタンでした。



150517-9.jpg

――― 明くる朝。

ジロタンがドヤ顔で座っていたクチナシの葉のつけ根に、
妙に丸い形のウンコが一つ転がっていました。


2015年のベランダ、2匹目の新入り「ジロタン」
その行動から察するに、かなり大胆なキャラクターのようです。




ご訪問ありがとうございます クリックして頂けると、励みになります!


コメント・ご感想はこちらから 拍手のみでも嬉しいです!
 ※ 拍手コメント(公開)には、拍手ページのコメント表示欄にお返事させていただきます
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。